バンク・オブ・アメリカ(BAC) 株価について調べてみた

今回は銀行会社のバンク・オブ・アメリカについて調べてみました。世界的に有名な銀行なだけあって業績も優秀のため本株は買いだと判断しました。

■目次
  1. どのような会社か
  2. つよみ
  3. よわみ
  4. 業績分析
  5. 株価傾向
  6. 結果

1. どのような会社か

バンク・オブ・アメリカは、世界をリードする金融機関として、個人顧客、中小企業、大企業に対して総合的な銀行、投資、資産運用などの金融およびリスク管理商品およびサービスを提供しています。当社は米国内で他の追随を許さない利便性を提供しています。約6600万の個人および中小企業のお客さまに約4300店の個人向け金融センター(融資センター約3000店)、消費者投資金融ソリューション・アドバイザーのいる金融センター2700店、ビジネス・センター約2100店と約1万6900台のATMでサービスを提供し、受賞歴のあるデジタル・バンキングは約3900万人が実際に利用し、そのうちの約3000万人がモバイル端末で利用しています。バンク・オブ・アメリカはウェルス・マネジメント、企業向け銀行・投資銀行業務および幅広い資産クラスにわたるトレーディング業務のグローバル・リーダーであり、世界各地の企業、政府、機関投資家、個人にサービスを提供しています。バンク・オブ・アメリカは、革新的で利用しやすいオンライン商品とサービスによって、約300万人の小企業事業主向けに業界をリードする支援を提供しています。当社は、米国各地と米国海外領土のほか、約35カ国で事業を営み、顧客にサービスを提供しています。バンク・オブ・アメリカ・コーポレーションの株式(NYSE: BAC)は、ニューヨーク証券取引所に上場されています。

2. つよみ

2019年、世界最大の銀行 トップ10の第6位に位置していることが何よりの強みだと考えます。

また直近では下記の通りの受領歴があります。

グローバル的に見ると若干古いですが、下記の通りの受賞歴があります。

3. よわみ

銀行株のため、このご時世ですと融資している会社が倒産する可能性も十分あり、そうなると損失が大きくなることが懸念点としてあげられます。

4. 業績分析

私の中の基準として下記キーワードを中心に業績を確認し点数を算出しております。各項目の意味・見方・基準などは、またどこかのタイミングで掲載させていただければと思います。基本的に7点以上の銘柄を購入しております。

簡単に1つ1つコメントします

・EPS 多少まばらではありますが、右肩上がりで成長しているためありとしております。

・FCF 10年間一貫してプラスではなかったため「なし」としております。

・ROE 10年間一貫して15%を上回っていなかったため「なし」としております。近年のデータを見ると徐々に伸びているので今後に注目ですね。

・ICR 昨年度は-(無限大)となりそれ以前も「-(無限大)」となっているため基準値の10以上は満たしており、「あり」としております。またここ十年無限大となっているため安定しております。

・EM 強みとして下記があげられるため「2モート」としております。

   ・高い切り替え費;他銀行への追加口座作成は考えられますが、銀行口座の解約は考えにくいため、切り替え費(手間的な意味を含む)が強みとしております。

   ・コスト優位性;バンクオブアメリカを使用している人の立場で考えると、他銀行への送金や他社ATMを使い際に手数料がかかると考え、その分はコスト優位性がかるため強みとしております。

・NPM 昨年度の数値が28.49、TTMが24.91となり基準値の20%を満たしているため本項目「あり」としております。

・D  配当金があるため本項目は「あり」としております。

・A  基本的には法律が変わったことによる影響は少ないと考え本項目は「なし」としております。

・ST 科学技術による影響は非常に少ないと考え「なし」としております。

・KP 会社所属の特定の人物によって業績が大きく変わるとは考えにくいため本項目は「なし」としております。

Total7点の結果について

世界的に有名な企業のため業績や強みがあるため優良企業だと思います。

現状はコロナショックの影響で一時的に下がっているため今後の上昇に期待できる株なのではと考えております。

また成長率もあることからさらなる上昇にも期待できそうです。

5. 株価傾向

右肩上がりで伸びておりますが、コロナの影響でガクッと下がっております。そのため、コロナが落ち着けば$35近くまでは回復すると考えております。

成長率なども加味すると個人的には$40までは上昇すると考えております。

また、配当金の傾向は下記の通りとなっております。利回りはそこまで高くは右肩上がりで伸びているため、今後の成長とともに配当金にも期待できそうです。

6. 結果

今回は世界的に有名な銀行会社のバンクオブアメリカについて調べてみました。業績や成長率から考慮して現時点では買いだと判断しました。過去の業績も考えると右肩上がりで上がっているため今後の成長にも期待できそうです。

また、私自身はバリュー投資をメインで行っており、過去10年間分のデータを参考にしつつ、スコアを算出しております。まだまだ未熟ですが企業の分析依頼などがございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。

/べみほー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です