ネットフリックス(NFLX) 株価について調べてみた

今回は近年注目されいているネットフリックスの株価について調べてみました。

コロナの影響で自粛ムードとなった現在では、家で過ごす際に利用されるオンデマンドサービスや独自コンテンツの充実としても注目されており、今後も期待できそうです。

■目次
  1. どのような会社か
  2. つよみ
  3. よわみ
  4. 業績分析
  5. 株価傾向
  6. 結果

1. どのような会社か

Netflix(ネットフリックス、NASDAQ: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び定額制動画配信サービス運営会社で、アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つです。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人と着々に成長している企業です。

本社はカリフォルニア州ロスガトスに置かれている。10万種類、延べ4200万枚のDVDを保有し、レンタル向けに1,600万人の顧客を得ている。また、ストリーミング配信では既存のコンテンツに加え、独占配信やオリジナル作品も扱っております。

2. つよみ

強みとしては魅力的なオリジナル作品にあると思います。NETFLIXはオリジナル作品の制作費に約170億ドル、日本円にして約1.8兆円を費やしており、年々制作費が拡大していることから、今後さらにオリジナル作品のクオリティの向上が期待できます。

個人的には一時期話題にもなった全裸監督は気になっております。男なら一度は見たいと考えているのではないのでしょうか。

また、最新のオリジナル作品のランキングは下記の通りとなっております。

テラスハウスは高校生の時に毎週見ていたので非常に懐かしく感じます!もしかしたら、テレビではなく今後はこのようなオンデマンド配信サービスが主流になる時が来るのかもしれないですね。

3. よわみ

昨今ではAmazonプライムや Huluなど競合他社が混在しているため、新規顧客の獲得や継続契約をしてもらうための工夫が今後重要になると思っております。

また、コロナで自粛ムードとなり利用ユーザーが増えておりますが、自粛解禁されたときにユーザーが離れてしまうかどうかが個人的には気になります。

4. 業績分析

私の中の基準として下記キーワードを中心に業績を確認し点数を算出しております。基本的に7点以上の銘柄を購入しております。

簡単に1つ1つコメントします

・EPS 10年間のデータを比較しても右肩上がりで伸びておりますため、「あり」としております。特に近年の上昇率はすごいですね!

・FCF EPS同様に近年では急激に右肩上がりに伸びておりますが、それ以前は右肩下がりとなっておるため「なし」としております。

・ROE  10年間一貫して基準値の15をこえていなかったため「なし」としております。

・ICR 昨年度は4.29、TTMは5.21となっており基準値の10以上を満たしていないものの妥協点である4以上は満たしているため。本項目は「ややあり(0.5)」としております。

・EM 強みとして下記があげられるため「3モート」としております。

   ・無形資産;世界的に有名な定額制動画配信サービス運営会社のためブランド力があり強みとしております。

・ネットワーク効果;映画やサービス自体の口コミで利用者が増えるなど、より多くの人がサービスを利用することで価値が高まると考え、強みとしております。

・コスト優位性:ネットフリックス限定の映像など、独自のサービスを配信していることから、本項目は強みとしております。

・NPM 昨年度の数値が9.26、TTMが11.85となり基準値の20%を満たしておりませんが、基準値の10%以上は満たしているため、本項目は「ややあり(0.5)」としております。

・D  配当金がないため本項目は「なし」としております。

・A  基本的には法律が変わったことによる影響は少ないと考え本項目は「なし」としております。

・ST 科学技術によって業績が大きく影響することはないと考え、本項目は「なし」としております。

・KP 会社所属の特定の人物によって業績が大きく変わるとは考えにくいため本項目は「なし」としております。

Total6点の結果について

業界大手ということもあり、業績は良いと感じましたが、やや懸念点が残ると感じております。ネットフリックスはコロナの影響で急激に利益が上がっているため、継続してユーザーと契約を結ぶことができれば安定した収益が獲得できるのではと考えております。

それにはネットフリックス限定公開や独自コンテンツなどが必要になると思いますので、今後に期待したいと思います。

5. 株価傾向

右肩上がりに伸びており、特にコロナの影響で自粛ムードが漂っている昨今では急激に上昇しております。また、昨今の成長率も非常に良いことから今後の成長にも期待できると考えております。

6. 結果

今回は定額制動画配信サービス運営会社として有名なネットフリックスについて調べてみました。

近年の業績は良く、オリジナル作品も年々充実しているため今後に期待できそうなため、多少リスクはありますが、本株は買いだと判断しております。

また、私自身はバリュー投資をメインで行っており、過去10年間分のデータを参考にしつつ、スコアを算出しております。まだまだ未熟ですが企業の分析依頼などがございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。

/べみほー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です